<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

こてんこてん

a0064392_22122879.jpg

ドイツの小さな小さなまちゲンゲンバッハ。人口約1.1万人というこのまちは、地球の歩き方にも紹介されていない、いわば「穴場」であるが、あるご縁で訪れて、そのかわいい町並みに惚れ込み、しばらく滞在して、このラブリーなまちを描き尽くしてみたいなどという衝動にかられて、ある夏に思い切ってこのまちのはずれにあるエコ農家民宿に泊まり込んだ。10年も前の話である。そのとき描き散らしたスケッチは、絵はがきにして現地に差し上げたりもした。このたび研究室の移動を命じられて、この際、手元にある大量のスケッチをどさくさにまぎれて一度公開してみようと思い立った。アクリルの板を買い込み、そこにドリルで穴を開けてボールトナットではさむ方式の額を自分で作成したが、まあまあ見れないこともない。
2月6日まで大阪人間科学大学大学C号館ロビーにて。小生は滅多に居りません。
a0064392_22213784.jpg

a0064392_22354646.jpg
a0064392_22361478.jpg
a0064392_2238783.jpg
a0064392_224076.jpg
a0064392_22415072.jpg
a0064392_22424986.jpg

by honmachilabo | 2012-01-29 22:44  

井戸を掘った人たち

a0064392_23582033.jpg

かねて小生もかなり主体的に参加させていただいてきた大阪市東成区今里大今里の木造密集市街地の防災対策問題が少し動き出した。なんとか具体的にすすめるきっかけ作りとして、1月から、いよいよ「せせらぎ公園」づくりが実際に始められ、その手始めにみんなで井戸を掘ることになったのだ。
自治会が本気で動き出すと、すごいものだ。なんと地区にある熊野大神宮の宮司さまによる「地鎮祭」が厳かに執り行われ、小生も玉串を捧げさせていただいた。
そして、始まったのが市民総参加での「井戸掘り」。いやあ、久しぶりのどろんこ遊びに、みんな夢中になってとりくみ、初日だけで2.5メートル。次の日曜は小生は参加できなかったが、4.5メートルまで掘りすすんだが、まだヘドロが出てきているとの情報である。水はすでに相当湧き出ているようだ。しょうらいてきには、ここに非常用トイレもつくる。こうなると、いざという時のお助けポイントになる。こういう空間を地区内にうまく点在させ、ネットワークさせることで、すこしずつ安全度を高めていくという戦略である。
これまでの木造密集市街地(モクミツ)対策の多くは「追い出し型」であった。つまり、見かけは立派な高層住宅が並んで、いかにも安全に見えても、実際は、そこに従前の住民はいない、という見せかけ事業が多かった。
住民を追い出すのではなく、住みながら地区改善を進めるにはどうすればいいか。大阪市のモクミツ対策の「優先地区」から除外されて、行政からいわば見放されている今里地区では、こういう身近なところからちょっとずつでも安全を確保していく方法がもっとも有効なのではなかろうか。とはいえ、密集市街地問題の解決は、待ったなしで、急がなければならない。むつかしいけれど、一歩ずつでも前に、という住民の悲願が具体的に進み出した・・・
a0064392_23584550.jpg

0
a0064392_23595482.jpg
a0064392_001540.jpg
a0064392_004248.jpg
a0064392_01498.jpg
a0064392_012254.jpg

by honmachilabo | 2012-01-27 00:14  

快挙!大阪人間科学大学女子バスケ部

これが快挙でなくてなんであろうか!
先日本選手権の8強で、優勝候補のJXに敗れたものの、結構いい線まで行った。日頃見知ったかわいい女性たちが、プロを相手に堂々とのびのびとたたかう姿に酔いしれた。いい正月だった。
a0064392_059431.jpg
a0064392_059248.jpg
a0064392_0594477.jpg

by honmachilabo | 2012-01-06 00:59  

種子島に行ってきました

市川森一さんが亡くなられた。この稀有の才能豊かなシナリオ作家とは長崎時代に2度雑誌の対談をしたほか、何度かお会いすることがあった。こよなくふるさとの長崎を愛する方であった。対談ではポルトガル、オランダと長崎の関係を語り合ったが、聞き上手で、こちらの知る限りを懸命に語った記憶がある。合掌
ところでこうして親しい連中がつぎつぎあの世へ行くものだから、ここのところ数箇月ずっと咳がとまらなくて、そろそろかなという気もしてきた。とはいえまだ未練があるので、これは休養の必要があると、先日知り合った生産者の方の「安納芋」づくりの現地を訪ねることを思いついた。
この西田さんは、稀に見る有能な事業者であり、地域を愛する素晴らしいお人柄の人物で、安納芋の全国的ブランドを確立する過程で、かなり中心的な役割を果たされたようだ。

見せていただいたのは、熟成貯蔵すための巨大な石蔵、様々な加工機械であったが、着実であるとともに、アイディアに満ちており、かなり多くの雇用を生み出しておられた。
a0064392_047638.jpg
a0064392_0474239.jpg


なんとあの「馬毛島」が、種子島のすぐ西にあることも、現地で初めて知った。
a0064392_04933100.jpg


石蔵のすぐそばに、きわめて扁平なアーチ石橋を発見して、これは?と問うと、なんと西田さんご自身が造られたとのこと。小生の知るかぎり、これは日本でもっとも扁平なアーチ石橋だ。
a0064392_0533280.jpg

a0064392_0525977.jpg

by honmachilabo | 2012-01-06 00:54  

2012年、今年もどうぞよろしくお願いします

a0064392_2312198.jpg

昨年は、ひときわ辛いことの多い年であった。今年もまた悪い予感がする。政権の維持のみを目的とする政治屋は、いま、どさくさにまぎれてとんでもない方向に走っている。八場ダム、新幹線建設など、まさしく典型的な無駄な公共事業を次々と復活させ、TTPで零細な生産者を冷徹な国際競争に晒して一挙に転落させようとする一方で、必要な巨額な税金の財源を国民全体に負わせる消費税の大幅増額。

震災を契機に、とんでもないことを次々と実行していくこのやり方こそ、ショックドクトリン(大惨事便乗型資本主義)の典型的な展開なのだ。この流れとどう闘い、どう克服していくか。抵抗するだけでは決して止まらない。明るい展望をもち、それを実現するための着実な戦略と力をもたねばならない。口で言えば、そういうことだが、この老骨に何ができるのだろうか・・・

正月明けに、たまたま「すいたサイエンスカフェ」という場で「いいまちづくりのサイエンス」という卓話をすることになった。「いいまち」ってなんだろう。「まちづくり」ってなんだろう、と話す内容を考え始めると、実は自分自身何も分かっていない人間であることを改めて確認した。まちづくりプランナーなどと、専門家面をしてきたことが、たまらなく恥ずかしく、いま悩みに悩んでいるところだ。
a0064392_23415378.jpg
a0064392_23422729.jpg


ついでにどさくさにまぎれて近況の写真
a0064392_2356209.jpg

by honmachilabo | 2012-01-05 23:46