<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

昭和の町豊後高田は、いま

ほらふきトシちゃんこと金谷俊樹さんが仕掛けた「昭和の町」の動きを、具体化の前から斉藤行雄さんに紹介されて現地でお話しを聞き、その後実現してからも何度か訪れて、傍から観察してきた。一時は大ブームで、年間48万人もの人が訪れ、今でも30万人以上の観光客を迎えているという。しかし、当初から、これはメチャ面白いけれど、結構危ない仕事だなと、はらはらしながらみてきた。
どう考えても、アイディア先行型のこの程度の仕掛けでは、底が浅い。そのことは金谷さんご自身が当初から想定されていた。まちにパワーがあるうちに次の手を着実に打っていかないと、それほど長続きするとは到底思えないなと語り合ったことを覚えている。リーマンショックの影響が大きいと現地の方が言われるのを伺ったが、決してそれだけではないと思う。今回まちなかを歩いてみて、あきらかにかげりが見えてきているように感じた。かげり始めると早いのがこの種の仕掛けである。
しかし、この町のロケーションは、宇佐神宮からほど近く、さらに国東半島への拠点として最高の場所である。このすぐれた立地条件と地域に蓄積されているパワーを活かさない手はない。町歩きガイドさんをはじめ、復活した昭和レトロの商店などには、いたるところ若い美女たちが居られて、にこやかに応対してくださったが、この間に蓄積された昭和のまちのホスピタリティ精神は相当なものだと感じた。仲良しのカフェ・バー・ブールバールのママさん、野崎智子さんがいろいろ次なる手を仕込んでおられる現場も見せていただいた。閉校したかわいい建物の分教場を、思い切って役場から購入して、これを地域の拠点にしたいと仲間と一緒に整備に取り掛かっているなどという面白い仕掛けを次々と具体化されており、その熱意には敬意を表したいし、大いなる可能性も感じた。学生たちなど若者の応援が切に欲しいのだ、とのことであった。
a0064392_110437.jpg
a0064392_1101743.jpg
a0064392_1102586.jpg

by honmachilabo | 2010-06-21 01:24  

由布院の薫平さん、ますますお元気でした

a0064392_19424524.jpg

かつては由布院をはるかにしのぐ名声を誇っていた「湯平温泉」を舞台に「第4回九州町並みゼミ」が開かれると聞いて、高知の本山町から、岡山まで戻り新幹線と日豊線そして久大線を乗り継いで湯平へ。今年の目玉イベントはなんといっても臼杵の斉藤さんが仕込んだ「大分の美女軍団による町並みシンポジウム」。これまでのどの町並み論議をも超える、彼女たち自身の実践をふまえた実感のこもった内容だった。司会者は桑野和泉さん。彼女の切れ味鋭い司会で、中身が一段と濃くなった。会場にはシンポジストの美女の亭主もいて、意見を求められ、もぞもぞ応えて終わろうとするのだが、和泉さんに「で、そのときあなたの役割は?」と切り込まれて、どんどん本音で語り始める。やはり女性が動くと世の中が変わる、女性たちが動かない運動には何の展望もない、ということを実感させられたすばらしいシンポジウムであった。
a0064392_16412598.jpg

by honmachilabo | 2010-06-20 19:43  

湯平の九州の町並みゼミと大分の賢美女たち

湯平温泉は、いまは由布院温泉とともに由布市に属するが、もともとは由布院よりもはるかに有名かつ規模も大きい立派な温泉地であった。しかし、顧客のニーズの変化や交通手段の変化のなかで、時代の波から取り残され、1970年代にわたしが始めて訪れた頃は、すでに相当寂れた状況にあった。由布院が名声を高める過程では、取り残されたようになっていたわけだが、逆にそのことが幸いして、いまでは渓谷をはさんで、坂道と石畳と小規模な旅館が軒を連ねるその風情を愛する顧客を惹きつけている。都会から戻ってきた若い経営者たちが、よくがんばって個性的な温泉地づくりに邁進しておられる。その湯平を舞台に、このほど「第4回九州町並みゼミ」というのが開かれた。仕掛け人は、大分が誇る「あら石仏」の斉藤さん。彼から「大分の賢美女たちだけのシンポジウム」があると伺って、いそしそと湯平に向かった。
a0064392_7294832.jpg

by honmachilabo | 2010-06-20 00:27  

迫力満点!尼崎の運河クルーズ

a0064392_23415337.jpg
a0064392_23421654.jpg

ケンちゃん、ツナさん、アッこさんたちが運航する「尼崎の運河クルーズ」に、電話で申し込んで、乗船してきた。新聞に出たその日に、定員20人の8航海は即満席というすごい人気の難関を突破しての乗船である。悪臭が漂っていた尼崎の運河が、近年相当きれいになったことに気がついた人々が、この機会を待ち望んでいたのだろう。この運航を主催したのが「あまけん」(尼崎南部再生研究室)で、中心人物の一人のケンちゃんは、かつて小生のゼミ生であり、尼崎の産業遺産の現代的活用を卒業研究のテーマにした関係で、一緒にドイツのエムシャーパークを見に行った仲である。そのときデュイスブルグで、尼崎の運河そっくりのやや臭い運河を行くクルーズに乗った経験が、今日に活かされたことと思う。デッキでワインを飲みながら、周りの工場地帯で鉄くずをクレーンで引き上げる操作をしている労働現場などを「観光」する、きわめて印象的な光景が彼の頭に焼きついていたのではないだろうか。このとき、ほかにもドイツの産業遺産の活用の並々ならぬ努力を垣間見た。とくに高さ100メートルのガスタンクの遺産を、なんとライブのコンサート会場にしていたのに感心した。壊すお金と残して活用するお金を比較すると、残したほうが有効だと判断したとのことだった。高い高い天空から、すーっと青色の光がさしてきたのが印象的だった。惜しいことに尼崎では使わなくなった巨大なガスタンクを壊してしまったが、あれもうまく活用できたのだ。あと、溶鉱炉のあとのコンクリートの塊が「ウォールクライミング」の場として「活用」されていた。これなんかも、仕事の場をこんな遊びの場にしていいのだろうか、と感じたが、そういうわれわれのこだわりとは全く無縁な感じだったことに、逆に驚いた。
a0064392_23551758.jpg
a0064392_23554027.jpg
a0064392_23581846.jpg
a0064392_23584321.jpg
a0064392_23585996.jpg

by honmachilabo | 2010-06-20 00:00  

気まぐれカモメの船長さん

a0064392_23321317.jpg
神戸の港めぐりの船長さんが、阪神淡路大震災で職を失って選んだ道は、おなじく「水商売」!中華街と元町4丁目の間に停泊した「気まぐれカモメ」という名のショットバーが、今年で開店15周年を迎えられ、その記念パーティがポートピアホテルの最上階で賑々しく開催された。
船長の角本稔さんとのご縁は、わたしが長崎でまちづくり運動に取り組んでいた頃からの「港町」同士の付き合いであるから、かれこれ三十年近い。たしか函館での会合で出会って、そのお人柄とすてきな笑顔と美しい歌声に惚れ込んだ。震災の翌年こちらに引越してきて新聞紙上で「気まぐれカモメ」の開店を知り、すぐさま飛んでいった。その後不況とご自身やご家族のご病気などを乗り越えての15周年である。神戸の港町の魅力をどう引き出すかをつねに考え、「ポートウォッチング」の定期開催などの行動に移してきた船長さんのご努力に、心からの敬意を表したい。とにかくすごい勉強家である。わたしにできることといえば、みなさんがボトルをどんどんキープされるよう、おすすめすることぐらいだが、この店ではキープが出ると、出航のドラが鳴り響くのがすごい。この日は夕日が特別美しかった。
a0064392_23325473.jpg

by honmachilabo | 2010-06-19 23:35  

土佐には、まっことえいもんがそろっちゅう

a0064392_2364116.jpg

6月のはじめに、現地からのご招待で、高知県本山町にて「地域おこし協力隊」で活躍する中井くんの現場に行ってきました。いやあ、水を得た魚というべきか。その活躍ぶりは、まぶしいばかり。正直うらやましいほど・・・じつはオレこそがこの事業にはいちばんの適任者だと思い、応募したかったのだ。
a0064392_2382861.jpg

by honmachilabo | 2010-06-19 23:14  

日本社会の教育力

a0064392_2233361.jpg

この春卒業した、長崎氏と三浦氏が、休暇でわざわざゼミの時間に来学された。わが国では、大学を卒業したからといっても、すぐには使い物にならないのが普通だ。しかし、卒業すると、ほんの数ヶ月で見違えるほど人間がしっかりする。つまりわが国の社会には、きわめて高い教育力があると思う。だから大学では、将来起こるさまざまな変化にも対応できるような、ソフトなものの考え方を身に着けるのがいい、などと称して、わたしはいわゆるまともな「教育」をいっさいやらない方針できた。わたしの考えをいうと、教師の「教育」ぐらいで人が変わるようだったら、かえって危うい。むしろ「教育」をしない方がずっとましなのであって、教師は、すべからく自立心を養う「場」をつくることに専念すべきではないか。それはあんたがサボるための口実なのではないか、とのそしりは甘んじて受けよう。わたしの考えが決して間違っていないことを、この二人が見事に実証してくれたのだから。

by honmachilabo | 2010-06-19 23:04