<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

琵琶湖周辺の川づくり

この1月30日に滋賀県の「第3回淡海の川づくりフォーラム」に参加したとき、琶湖の雄大な夕景に出会った。「上流社会」である滋賀県には、川づくりの住民活動の長い歴史と蓄積があり、そこにどんどん若い層が参加している。そしてそれを行政が支える仕組みも着々とできつつある。とはいえ全くマスコミなどには出てこないが、ダム計画の現場などに行ってみると、利権を求めてうごめく黒い動きが地域を強烈に支配している現実がある。いわゆる「ダム食い虫」と呼ばれる彼らとのたたかいに、嘉田さんをはじめとする一群の人々は、まさに命を張って頑張っておられるのだ。
a0064392_11254780.jpg

a0064392_11422726.jpg

by honmachilabo | 2010-03-30 11:59  

卒業の季節

a0064392_0113946.jpg

a0064392_21454191.jpg

a0064392_1911891.jpg

シュウカツで思い切りいろんな企業を見てきたゼミ生の篠原氏は、表向き実力主義を謳いながら、じつは厳然たる大学間差別があることをいやというほど知り、では学歴差別をしないという天下の朝日新聞はオレの実力をどう評価するか、と卒業記念に「声」に投稿したとのこと。結果はこのようにきちんと対応してくれたので、まだ朝日は見所がある、と嘯(うそぶ)いていた。この文章、本音がどこにあるのか今ひとつよくわからない不思議な文章だが、おそらく、こんな物分りのいい若者もいるのだ、と担当者がびっくりして採択したのだろう。ともかく「声」欄のトップを飾ったのだから、見事なものだ。この問題、私の意見としては膨張を続ける国防費の削減しかないと思っているのだが、もしそれを言い立てたならば決して「声」に採択されなかっただろう。世の中の状況をよく見て、「掲載させること」に狙いを定めた、なかなか巧妙な文章ではある。篠原氏は、いつの日かライターとしてメジャーデビューを狙っているらしいので、まずはルーキーとしてのあざやかなデビューにお祝いを申し上げたい。ただ、この調子で正体不明路線狙いばかりしていると、早めに老成してしぼんでしまう恐れがある。これから社会で揉まれる中で、やはり自分の中身をしっかりと磨いて、いつかは本音で勝負してほしいと思う。とはいえ、近年めずらしいなかなかの個性派。声がやたらでかくてうるさくて、しばしばへきえきしたけれど、結構まともな議論もできて、結論的には頼もしい、うい奴ではあった。人生これからだぜ。期待してまっせ!

by honmachilabo | 2010-03-25 00:11  

いよいよNPOみつや交流亭 まぼろしの銘酎特別頒布

2010年3月28日(みつやの日)に、いよいよ「NPO法人みつや交流亭」が発足するのを記念して、宮崎日南市の古澤さんの甕づくりの本格麦焼酎を特別頒布することにしました。東京高輪プリンスホテルでの品評会で見事「横綱」の称号を獲得したという、創業百年を越える伝統ある古沢醸造合名会社と杜氏の名を冠した乾坤一擲の銘酎。前社長と小生とのご縁を受けついでくださった現社長の古澤昌子さまのご好意で、特別に「みつや交流亭」の名をラベルに大きく入れさせていただきました。720ml(1500円)と300ml(750円)の二種類を用意しました。今のところ、みつや交流亭だけで入手できます。
a0064392_2227426.jpg

a0064392_8445096.jpg

a0064392_850113.jpg

by honmachilabo | 2010-03-17 22:29