<   2009年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

町並みの見方・味わい方を語りました

a0064392_1533013.jpg

町並みの見方、味わい方       2009.10.21於・奈良教育大学
-わがまち“たんけん、はっけん、ほっとけん”の方法論-  片寄俊秀 
かたよせ としひで 大阪人間科学大学 環境・建築デザイン学科教授
1 じぶんの町が大好きになる方法
あなたは、自分の住んでいるまちが大好きですか?
自分が居て、家族が居て、友達が居て、そして町の人がみんな居るこのまちを、嫌いになっても仕方がないですね。嫌いになって出て行っても、人間はどこかに住まなければなりません。またそこが嫌いになったら、また出て行かねばなりません。
そんなことを繰返す人生って、少しさびしすぎると思いませんか。
だから、いろいろ問題があっても、ぜひ自分のまちを大好きになって欲しいのです。
じつは、自分のまちを大好きになる方法というのがあります。
それが「わがまち、たんけん、はっけん、ほっとけん」の方法なのです。

2 まず、わがまちを「たんけん」してみよう
自分がいつも暮らしているまちを「たんけん」するって? そう、これが結構面白い!
方法としては、はじめて訪れた「旅人」になりすまして、自分の町を歩いてみるのです。
駅があれば、ふらりと降り立った一人の旅人としてそこからスタートしてみましょう。市役所の玄関でもいいです。さて、どっちの方向へ進んでみようか。
おすすめは、とりあえず町の全体を眺めることのできる高い場所に登ってみること。ビルの屋上とか小高い山の上とか。そこから眺め回して全体の感じをつかみ、次の行き先を決めます。
今回のテーマは「町並み」です。
まちにはコンクリートのビルディングや古い木造の建物や工場やショッピングセンターなど、いろいろな種類の建物がありますが、その連続した風景のことを町並みと呼んでいます。
世の中には、あっと驚くほど「美しい」町並みがある一方で、乱雑で「美しくない」町並みもあります。また一見乱雑だけれど、とても感じのいい「魅力的な」町並みもあります。
ここからはカンが頼りです。ここは面白そうかなと見当をつけたら、そこに向かって出発です。
あまり夢中になってクルマに接触したりしないよう、くれぐれも気をつけてくださいね。

3 町並みを「はっけん」する
じつは、その風景を「美しい」と感じるかどうかは、一人一人違うのです。
建物の高さやデザインが揃った、いかにも整然とした町並みを「美しい」と感じる人がいる一方で、それを「息苦しい」と感じる人も居ます。
だからわたしは、「好きか、嫌いか」という、一人一人の個人的な好みから出発するのがよいと考えています。
出会った町並みが「好き」だと感じたら、どこが好きなのかをくわしく考えてみましょう。
全体の雰囲気がいいとか、古い建物の連続した風景が、しっとりとした情緒があって歴史の重みを感じさせるとか、新しい建物がアクセントとなって町を生き生きとさせているとか。町の人が挨拶してくれたとか。災害に安全そうだとか。犯罪が少なそうだとか。あなたが「好きだ」と感じたポイントを整理してみましょう。
もう一つ、まちの「お宝」をみつけてください。まちかどに大切にされているお地蔵様、道ばたに咲く草花、立派な石垣や植え込み、山や川が見える素敵な「ビューポイント」(眺めのいい場所)、子どもたちとおばちゃんが会話している駄菓子屋の店先の心なごむ風景・・・。
さらに、ここが「もう少しこうだったら」もっと好きになるのにという所もみつけてください。
そこで問題は、出会った町並みが「好きになれないな」と感じたらどうするか、です。
このときは、「自分のまちを大好きになるには」という、もともとの目的に戻りましょう。
つまり、なぜ好きになれないのか、をくわしく考えてみるのです。
町並みが乱雑だとか、緑が少なくて潤いが無いとか、公園が少ないとか、建物の色彩に品が無いとか、クルマが多すぎるとか、火災や地震や水害に弱そうだとか、なんとなく安心できないなとか、せっかくのいい雰囲気を壊している建物があるとか、電線や電柱が邪魔だとか・・・。
4 「ほっとけん」の段階への発展
いろいろ「はっけん」した結果、「好きになれない」要素を改善することができれば、まちをもっともっと「好きになれる!」と思いませんか。そこで次の「ほっとけん」の段階に進んでみましょう。まず、人々の幅広い賛成の声を集める必要があります。みんなが「これは、ほっとけん」「どぎゃんかせんば!」という気になれば、具体化は決して不可能ではないのです。
町並みは、もともと人間が造ったものですから、人間の手で造り直すことは可能なのです。
それにはまず、個人的な「好き、嫌い」の判断を、もっとみんながわかって、納得して、賛成してくれるかたちにする必要があります。先にあげたいろいろな要素を、きちんと整理して、「こうすれば」という前向きの「提案」にしてみましょう。こどもたちの提案が世の中を動かした例はたくさんあります。例えば「みんなの力で出来た公園」で遊んで見たいと思いません?

5 スケッチのすすめ
ここで、具体的な方法として「町並みスケッチ」をすすめたいと思います。大人にはスケッチが苦手という人が多くいますが、子どもの頃はみんなうまかったのです。それがなぜ下手になり苦手になったのでしょう。おそらく、その後まったく努力していないからだと思います。
そこで「早描き」の修業をしてみませんか。わたしの早描きはかなりなもので、急ぐときには2ー3分でさっと描いて、それがあとで結構役に立ちます。はじめはこっそり自分用のメモとして描いていました。だんだん上手になると、他人に見せて共感を得る手段として使えるようになりました。そこでみつけた「うまくなる秘けつ」は、ただひたすらたくさん描くこと。だいたい千枚ぐらい描けば、かなり自由に手が動くようになります。
えっ千枚って!でも、驚くことはありません。小さな画用紙にサインペンで描くと、1日に100枚ぐらい軽いものです。そのペースで10日で1000枚、たった10日で結構うまくなれる!
写真もいいけど、シャッターを押した瞬間もうその場の雰囲気など忘れてしまう?
それにひきかえ、スケッチは目と手を動かすので、すごくよく覚えます。そのうえ描きながら、「ここをこうすれば」と未来の姿を想像して勝手に描くことも自由自在です。例えば、東京の常盤橋と日本橋の上を走る高架道路が邪魔だなあという思いを伝えるのが、このスケッチです。


6 いいまちづくりが防災の基本
すばらしい町並みのある「いいまち」のすごいところは、災害に対して安全度が高いことです。
まもなく関西地方を、あの阪神淡路大震災(2005年1月17日)を超える規模の大地震が襲うといわれています。大阪市内で4万人を超える犠牲者が出ると予測されており、奈良に近い「上町断層」や「生駒断層」が動くと、奈良市内でも相当な被害が出ると思われます。
その犠牲を減らし、無くすためには「防災まちづくり」を急ぐ必要があります。
ここで大切なことは、安全の確保とは町をコンクリートで固めることではない、ということです。人々が毎日暮らしているまちの魅力がなくなると、人々は愛想をつかして去っていく可能性があります。阪神淡路大震災で、災害のさなかに人々の命を救ったのは「ご近所の助け合いの力」でした。そしてその力は、わがまち大好き人間が多いところでしっかりと育っていたことがわかりました。もちろん防災力を高めるための具体的なまちの改善は必要です。町並みの魅力を活かしながら、安全度を高める工夫をみんなで考えましょう。
「防災まちづくり」の基本とは、わがまちが大好きだからこそ災害からこのまちを「守りたい」と多くの人々が考え、本気で取り組むような「いいまち」にすることではないでしょうか。

a0064392_17511293.jpg

by honmachilabo | 2009-10-29 17:51  

ぼうさい朝市・昼市in酒田どんしゃんまつり2009

a0064392_1111597.jpg
a0064392_11112868.jpg
a0064392_11114953.jpg

今年も酒田の「どんしゃんまつり」に「ぼうさい朝市・昼市」を持ち込む藤村プロジェクトに参加させていただきました。いつもながらの酒田の皆様の熱烈歓迎のホスピタリティに感謝、感謝。今年は「おくりびと」の舞台をみることもでき、そのうえ中学・高校時代(写真部キャプテンだった!)からのあこがれの人「土門拳ミュージアム」も見学。熱い酒田でした。大阪からは三津屋商店街が発明した「ヤカーリング」の第二回世界選手権大会も開催。公式審判員の中井勇介くんが大奮闘してくれました。5歳のココちゃんという女の子が、まさしく高見盛を思わせるパーフォーマンスで観衆を沸かせてくれました。今回は酒田のまちを自転車でゆっくりとまわったので、まちの至る所に残されてきた繁栄時代の豊かなストックに、あらためて感動しました。これをどう生かすか。映画ロケ地として人気が高まっているのはすばらしいことですが、このまちは新しいタイプの観光地として大きく蘇る可能性を秘めていると感じました。しかし人々をさらに惹きよせるには、もう一工夫要りそうです。その点では、帰途に訪問した村上のがんばりに学ぶ点が多いと思います。1972年の大火のあとに生まれた先進的な歩行者天国の商店街が、いつのまにか歩行者天国をやめてしまっているのが、いかにも惜しいのですが・・・この問題は、わが国都市計画史上の最も興味深いトピックスのひとつなので、もう少し研究してみたいと思っています。

by honmachilabo | 2009-10-27 11:27