<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

みつや交流亭より幻の名酎「古澤}

a0064392_69584.jpg
a0064392_1001728.jpg

by honmachilabo | 2008-07-16 06:10  

「観光まちづくりの時代」という卓話をしました

a0064392_16562281.jpg
尼崎の人は夜遅くまで飲んでいる人ばかりではなく、早朝から勉強している人もたくさんおられまして、なぜか尼崎の経営者などの集まりである「尼崎倶楽部」の朝食会で話をすることになりました。スライドを交えて好き勝手にしゃべったのでしたが、あとちゃんと見事な冊子にまとめていただきました。事務局がつけてくださった小見出しを並べますと、こんなに立派な内容でした。
1 ドイツからの訪問客
2 観光のさま変わり
3 いま「売れ筋」の観光地
4 観光の経済効果
5 観光地とは--人々の努力でつくるもの
6 アマほどオモロイまちは、ない
7 水辺からの尼崎のまち再生を考える
8 尼いも復活大作戦
この冊子は若干手元にありますので、もしひょっとして・・・

by honmachilabo | 2008-07-07 16:55  

ジオラマをいただきました

a0064392_2212258.jpg
てつの話が次第に反響を呼んで、ついにある方から立派で巨大なジオラマ(130センチ×280センチ)をいただきました。現在のご当主の亡くなられた父上が「てつ」で、部屋いっぱいの、このもの凄いのをつくられたのだそうです。でかすぎて部屋から出ない、という代物で、当初は大阪経済大学の鉄きちたちのところに話があったのですが、経済大学には置く場所がないからお宅でどうですか、との声がわたしにかかってきて、少し悩んだのですが、あとはなんとかなるさと欲張って「ぜひとも」と申し上げてしまいました。そしてとうとうそのお宅から運び出して、わが大阪人間科学大学の一室に運び込んでしまいました。あとどうするか。この部分は完成度が高いのでできるだけそのまま活かして、あと鉄のまち攝津にふさわしいデザインの新しい部分を新設して連結するのがいいかなと思ったりしていますが、これから夏休みにかけての楽しい課題です。新幹線鳥飼基地と阪急正雀工場のジオラマを作れるといいのですが、連結器は値段が高いらしいので、さてどうなることやら。皆さんからもお知恵をいただけるとありがたいです。

by honmachilabo | 2008-07-06 22:13  

摂津の鉄人(てつびと)新聞紹介

a0064392_21435139.jpg
さすが読売新聞!その日の朝から電話が鳴りづめで、ついに100通を超える申し込みがありました。なかには速達で申し込んで来られた方、むかし鉄道勤務でぜひという80を超えた人とか、8歳の坊やとか、女性も結構多くて、その反響の大きさに驚嘆しました。

by honmachilabo | 2008-07-06 21:44